一条工務店のi-smartⅡ

はじめまして。こんにちわ。

この度、ご縁がありまして「くらそうね」様でブログを書くことになった「もっさん」と申します。

家族構成は、妻「ビアンカ(仮)」との夫婦二人で、子供はまだおりません。

一条工務店のi-smartⅡで新築しまして、2017年10月から住んでおります。

今流行り(?)の高気密高断熱住宅だから成せる、一条工務店イチオシの全館床暖房で、冬でも寒くないお家で快適な生活をさせていただいております。

某所でブログを書いておりましたが、個人ブログで書きたいことを書いていたもので、たまに文法がおかしかったり、誤字脱字が多くて記事を投稿してから気づくというおバカな私です(;^ω^)

コチラでは言動には気をつけつつ、家作りがまだ始まってない方のお背中をプッシュしたり、現在計画中の方の少しでもお役に立てればと、記事を書いていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

 

ご近所さんが、家を建てることにした

さて、今回は私達が家を建てようと思った「きっかけ」について触れたいと思います。

結婚を期にアパート暮らしを始めた私達ですが、アパート暮らしを始めた当初からアパート暮らしを長引かせるつもりはありませんでした。

アパートでひたすら家賃を払いつづけてもそのアパートは私達の家にはなりませんから、それなら家賃じゃなくてローンとしてお金を払い続け、完済して自分の家にしたいと思っていました。

しかしながら、一言で「家を買う」といっても、そこは未知の領域…知らないことばかり。何を知ればいいのかもわからない。

そんな感じなので頭の片隅に「家を買う」という考えはあっても行動には移せずにいました。

私達もまた、背中をプッシュしてくれる何かを求めていたのです。

 

アパート暮らしを始めて2年目の夏、その時はきました。

同じアパートに住むご近所さんが、家を建てることにしたというのです。

その方は私よりも年下ですが、アパート暮らしは私より長いそうで、家を建てたいとはかなり以前がら考えていたそうです。

そっかー家を建てるのかーと、私の頭の片隅にあった「家を買う」という気持ちが大きくなっていきました。

アパートに住んでいると、色々なチラシが投函されます。

家作り勉強会開催

特に多いのが住宅関係のチラシ。しかし、投函されるのはテレビCMでは全然みないような恐らく地域限定のハウスメーカーさんで、悪い言い方をすると無名のハウスメーカーさんなので、ご近所さんが家を建てると知るまではサラッとみてすぐゴミ箱だったのですが、そんなチラシに目を通す時間も長くなっていきました。

そんなチラシを眺めていると、「家作り勉強会開催」というのが目に入りました。

家作りに関する知識が全くない私達でしたので、とりあえず無料だしこれに参加してみようかと電話で予約しました。

そして家作り勉強会当日、主催はこれまた地域限定のハウスメーカーさん。

んー勉強会とかいいながら自社製品をアピールして契約とろうっていう魂胆かな?なんて勘ぐってしまいましたが、そんなことはなく、家本体の話や、住宅設備の話、ローンの話など、私達が知らないことを色々知ることができました。

しかし家作り勉強会が終わると、出口にたどりつくまでにいつの間に用意したんだという勉強会主催のハウスメーカーさんのパンフレットや家の立体模型がズラリ…(;^ω^)

熱い視線を向けてきて目が合った瞬間ロックオンしてくる営業さんと思わしき方。

話しかけられると無視はできない私達ですが、あまり長引くと契約迫られそうで怖いので、まだ決めるときではないととりあえずパンフレット一式をいただいて帰って夫婦で検討しますねと、その場を後にしたのでした。

 

家作りに対してずっと重い腰が上がらなかった私達がやっと行動開始しました。

次回の記事は初めて住宅展示場を訪れた時の話をさせていただければと思います。

私達の運命的な出会いはそこにありました…。