はじめまして。
この度、ご縁があってくらそうねさんで家づくりブログを書くことになりましたmajyaです。2年前の結婚を機に主人の実家を建て直すことになりました。
県民共済住宅の秀逸ブログは多々あるのに、なぜ私にお話をいただけたのか不思議です。煩悩だらけ、迷走っぷりが良かったのでしょうか(汗)
注文住宅の不安を感じている方、悩んでいる方にとって参考になる部分がありましたら幸いです。

三歩進んで 二歩さがる 家づくりのはじまり

建て替えかリフォームか悩む

悩み①

一人っ子の主人と亡き両親と愛猫(主人の連れ子)の思い出のつまった家を取り壊すより、リフォームのほうが良いのでは?(新築そっくりさんとか)。

悩み②

家の近くの道路をトラックが通ると地震のように揺れて生活が不安…。
今の揺れは地震なの?車なの?
建て替えか、リフォームか?!

悩み③

建て直しても、すぐ道路になっちゃうかも?!
そうです。我が家は道路用地なのです。計画は50年前から進んでいません。
建て替えか、リフォームか?!

悩み④

お風呂がめっちゃヤバイ。
私は10日くらいしか、主人の実家にいませんでしたが
主人いわくある日お風呂に入っていたら、窓から火柱が見えてそれ以来、お風呂に浸かっていないそうです。給湯器直せばいいのに。
なぜかシャワーはOK。
そして、お風呂の壁はくずれかけ、板で応急処置されていましたが、たまにダンゴムシがこんにちはしていました。
なかなかヘビーです。

悩み⑤

主人の親戚は地元工務店をやっています。
亡くなった義父は大工をしていたと聞きました。本来ならそちらで建てるべき?リフォームすべき?なのでしょうが、関係がだいぶ薄れてしまったこともあり…あああ、どうしたらいいんだ。

検討した結果、建て直しが妥当と結論を出しました!!!

家づくり、思い浮かんだのは

「県民共済はいいぞー。柱も太いし、安いのにしっかり造っているぞ」

注文住宅のメーカーでまず、思い浮かんだのは県民共済住宅でした。
昔、兄が役所で固定資産税の家屋調査の担当をしていたのですが、安いのに太い柱を使っていて丈夫だとやたら県民共済住宅を褒めていました。

家づくりは夢だけで語れない

夫婦二人だけの家づくり。
お付き合いの期間が短かったアラフォー夫婦の私達は、家づくりに期待や妄想が膨らんで、ぶつかることも多々ありました。

結局、県民共済住宅を訪れてからも頓挫、頓挫でいろいろなハウスメーカーに足を運んだりもしました。

現在は、仮住まい生活が長引いています。。。

まさかの賃貸契約更新もしちゃったし…

もがきながらの家づくりはつづく。